s-komainu

ニュース

「小豆島と庵治半島の狛犬パネル写真展」③庵治半島の狛犬

↑左 幡羅神社 弘化5年 右 白羽神社 弘化2年何をお手本に彫ったのか?人面的。 ↑塩釜神社 嘉永2 石工佐兵衛この狛犬をお手本に、後の石工達が真似をしていった ↑桜八幡神社 慶應元年 湯谷 常次良塩釜神社佐兵...
ニュース

「小豆島と庵治半島の狛犬パネル写真展」➁L版比較

小豆島の狛犬と庵治半島の狛犬を一定の時代区分で区切って比較してみると2つの地域の違いが見えてきました。L版写真を奉納年代順に並べてみました。 ①江戸時代は、両地域とも大坂から運ばれてきた砂岩で彫られていました。八栗寺には、1...
ニュース

「小豆島と庵治半島の狛犬パネル写真展」①小豆島の狛犬コーナー

まず、小豆島の狛犬13枚の紹介です。瀬戸内の島々に共通する狛犬変遷です。 ①浪花狛犬の時代:江戸時代、海運の賑わいを象徴して、大坂から船で運ばれたこまいぬ達が、今も現役で神社の守護にあたっています。小豆島では、産出しない砂岩でできて...
ニュース

「小豆島と庵治半島の狛犬パネル写真展」ご報告

資料館での企画展「牟礼・庵治の弥生時代」にご来場についでに見てくださった方もおられ、たくさんの方にご覧いただけました。 ありがとうございました。 庵治半島にこんな顔のこまいぬさん達が座っていますよ。全部顔がちがって、いろいろな...
これまでの活動

「小豆島と庵治半島の狛犬パネル写真展」

参道狛犬から見る石彫文化の移ろい 期間:令和 3 年 2 月 20 日(土)~3 月 21 日(日)3 時まで (月曜休館)場所:高松市牟礼町石の民俗資料館エントランスホール(AM9:00~PM4:30) 最寄駅ことでん「八栗駅」 ...
小豆島の狛犬

内海八幡神社

所在地 小豆島町馬木寄進年 安永5年(1776年)出身地 なにわ材質  砂岩製石工  阿波座和泉屋仁右ヱ門寄進者 氏子中世話人 島屋徳兵衛、淡路屋与兵衛他大坂商人の名前が読める特徴  体長83cm大型。240年経っても現役で活躍している堂...
これまでの活動

庵治半島狛犬探訪会

2020年11月8日開催。 行程表・地図 当日の探訪会で見られる狛犬 庵治石はいつ頃からメジャーになったか 牟礼・庵治近辺で見られる狛犬のタイプと変遷
小豆島の狛犬

池田亀山八幡宮

所在地 小豆島町池田寄進年 推定 寛政年間(1789 〜1800 年)出身地 なにわ材質  砂岩製石工  不 明寄進者 氏子中世話人 天道 あとは読めない特徴  体長80cm、大型である。まだ背中に尾がくっついている古いタイプ。獅子顔で堂...
小豆島の狛犬

伊喜末八幡神社

所在地 土庄町伊喜末寄進年 推定 文化年間(1804 〜1829 年)出身地 なにわ材質  砂岩製石工  不 明寄進者 不 明特徴  石段型の台座がなく、本殿の脇に鎮座。風化が少なく、毛筋など当時の彫りの綺麗さを残している。耳が立っていて...
小豆島の狛犬

土庄八幡神社

所在地 土庄町大木戸寄進年 推定 文化年間(1804 〜1829 年)出身地 なにわ材質  砂岩製石工  不明寄進者 不明特徴  横顔がきつね顔、台座に牡丹が彫ってあり水盤台の上に大事に飾ってある。名のある石工が彫ったものであろうか?この...
タイトルとURLをコピーしました