令和3年7月 丸亀市広島の狛犬調査・撮影

これまでの活動
備讃諸島日本遺産認定推進協議会パンフレットより 広島は赤○のところです

令和3年7月4日 丸亀市広島 調査・撮影 

丸亀市広島は、本島の西側にある大きな島です。青木石の産地で有名です。

11月に狛犬探訪会を開催する予定です。

雨に降られずに、計測できました。
蒸し暑くなりました
広島には、いろんな地方の狛犬が見られます。江戸時代の定番「浪花型」(広島神社)
「出雲型」にルーツを持つ「西讃型」 (賀茂神社)
明治以降に流行る「徳島型」 (広島神社)
「岡崎型」が早くも昭和12年に見られます(幸神社)
三野石材さんで丁場を見てせていただきました

上品な青みがかった、とてもきれいな石でした。さすが青木石。すじがなくきれいな墓石になるのは、取れた石のわずか1%だそうです。

地元石工の作でしょうか。かわいい狛さんもいました。
江の浦 八坂神社 陶器製狛犬
立石八幡神社

石段にも塩飽船方衆の勢いを感じます。登りつめると、ワーオッ!広島の最古参、寛政5年(1793)が迎えてくれます。

砂岩製 どっしりとした胴に波打つ毛、舌まで丁寧に彫られている
拝殿横 「丸亀石工 阿波屋甚七」の灯籠もありました! 
一段下がって 文化6年(1809)大坂西横堀炭〇町みかげや〇三〇 名品です

「一」の下に「入」は「ひとしお」という屋号。北前船で財を成した尾上(おのえ)家のもの。

随所に見られました。台座が不定形な可愛い顔の狛犬をよその島で見た記憶が・・・

尾上邸に寄ってみました

NPOによって改装され、7月より宿泊ができるようになったと建物の中を見せていただきました。

生活感がリアルにありました。近過去の記憶を垣間見られます。

「島案内人」の皆さんの作られたmapもあり、周りやすい島です。

魅力いっぱいの広島での探訪会をお楽しみに!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました